[PR]

 (第2週・神宮)

 亜大と立正大がそれぞれ雪辱した。亜大は正随(しょうずい)(4年、大阪桐蔭)が一回の2点適時打など2安打5打点と活躍。投げては2番手の岡留(おかどめ)(1年、沖縄尚学)がリーグ戦初登板で初勝利を挙げた。立正大は先発の釘宮(4年、日大三)が8回被安打3と好投した。

 ▽2回戦(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも