[PR]

 ■詩人・谷川俊太郎

 《1996年2月、親友の作曲家・武満徹さんが死去。〈きみがこっちに置いていった服を着て/ぼくはそっちにいるきみの歌を聴く〉と追悼の詩を書いた》

 武満徹の死が一番、衝撃的でしたね。追悼の詩も簡単には書けなかった。ぼくは詩を書く前から音楽が好きだったから音楽を作る人はちょっと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも