[PR]

 発達障害のある子どもの教育から障害者就労支援まで――。自他共に認める「多動力」で、障害のある子どもや若者にかかわる新事業を次々展開し、国への政策提言にも奔走する。

 「いま、本当に考えなきゃいけないのは、障害者の働き方をもっと多様で、質の高いものに変えることです」

 在宅勤務、ショートタイムワーク…

この記事は有料会員記事です。残り956文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り956文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り956文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも