(評・舞台)文学座「かのような私」 難しい設定助けた演技

有料記事

[PR]

 ある劇団の座付き作家が他流試合で本領を発揮できないのは、なぜなのか。

 相性が悪かった。プレッシャーにつぶされた……。

 理由は知らず。劇団チョコレートケーキの座付き作家である古川健がはじめて文学座に書きおろし、アトリエの会の公演として幕を開けた「かのような私(わたくし)―或(ある)いは斎藤平(た…

この記事は有料記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。