(響)正反対の役で広がった視野

有料記事

[PR]

 「役のことをずっと考えていて、縛られているようで苦しくなります」。千葉県立松戸高校3年の栗原七海(ななみ)さんは、そう話した。演劇部の全国大会にあたる全国高校総合文化祭総文祭)が長野県で開かれる前に取材した時だ。

 演じるのは、不登校になった高校生夕子。何とかしようと、友人の朝香があの手この手で…

この記事は有料記事です。残り481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。