笙の和音、光の川のように 宮田まゆみ、魅力紹介する演奏会

有料記事

[PR]

 笙(しょう)演奏家の宮田まゆみが、雅楽の主要楽器・笙の魅力を紹介する演奏会「邦楽 華麗なる技 笙」が20日、東京・紀尾井小ホールで催される。「笙は繊細な持続和音が魅力」と話す。

 宮田はピアノを学んだが、ある日、雲間から光の束が地上に差し込む景色を見た時、「笙の音が聞こえてきた」と言う。1978年…

この記事は有料記事です。残り318文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。