[PR]

 心臓は通常、一定の間隔で1分間に50~100回の拍動をしている。この脈拍数が大幅に少なくなってしまうのが「徐脈性不整脈」という病気だ。脈が減る原因としては、心臓を動かす神経の刺激が正しく起きなくなる「洞不全症候群」や、刺激が伝わらなくなる「房室ブロック」がある。加齢や肥満、高血圧によって引き起こさ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも