[PR]

 ブラジル・フロリアノポリスで14日まで開かれた国際捕鯨委員会(IWC)の総会で、商業捕鯨の再開をめざす日本の提案が否決されたことを受け、政府与党内で脱退論が強まっている。ただ、脱退すればIWCの枠組みを前提とした今の調査捕鯨も一から見直しを迫られることになり、商業捕鯨の再開への道のりはなお遠い。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも