[PR]

 ドイツで第4次メルケル政権が発足して14日で半年が過ぎた。最新の世論調査によると、難民排斥を訴える新興右翼政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が旧東独全域の支持率でトップに。一方、メルケル首相の与党は足並みの乱れが目立つ。

 公共放送ARDが6日に発表した世論調査によると、首都ベルリンを含む旧東…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも