[PR]

 ポンペオ米国務長官は14日、オバマ前政権時代のケリー元国務長官が退任後にイランのザリフ外相と会談したとして、「米国の外交政策と一致せず、不適切の域を超えている」と批判した。イランを「世界最大のテロ支援国家」とし、「ケリー氏がしたことは見苦しく、前例がないものだ」とも述べた。国務省での記者会見で語っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも