[PR]

 新体操の世界選手権第5日は14日、ソフィアで個人総合決勝が行われ、昨年は日本勢最高に並ぶ5位に入った皆川夏穂(イオン)は4種目合計70・950点で12位だった。初代表の大岩千未来(イオン)は63・450点で23位に終わった。20歳のディナ・アベリナ(ロシア)が81・450点で2連覇。(共同)

こんなニュースも