[PR]

 剣道の世界選手権は15日、韓国の仁川で女子の個人戦と団体戦が行われ、個人戦は決勝で松本弥月(神奈川県警)が山本真理子(大阪府警)に2本勝ちし、2連覇を達成した。団体戦では日本が決勝で韓国を2―0で破り、初実施の2003年大会から6連覇とした。(共同)

こんなニュースも