[PR]

 光の屈折で、海の上の光景がふだんとは違って見える。千葉県の九十九里浜が新しい蜃気楼(しんきろう)スポットとして注目されている。朝の出勤前、自宅近くの浜を歩き、蜃気楼をさがすのが日課だ。「今夏も10日以上の発生を確認しました」

 きっかけは東日本大震災だ。地震が起きる直前、たまたま九十九里浜の写真を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも