[PR]

 森友・加計学園問題の真相解明を求め、野党が昨年6月に臨時国会の召集を要求したのに、安倍晋三内閣が3カ月以上応じなかったのは憲法違反だとして、立憲民主党の国会議員が国を訴えた国家賠償請求訴訟の第2回口頭弁論が18日、岡山地裁(善元貞彦裁判長)であった。臨時国会の召集を定めた憲法53条の後段の法的効果…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも