[PR]

 ■「心が安らぎ、集まれる場を」。すべての仮設住宅に50体が置かれた。

 信州・松本にある臨済宗・禅処院(ぜんしょいん)のまだ新しいお堂はヒノキの香りが漂う。寺の名はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世から贈られた。小さな境内には、石の地蔵菩薩たちが祭られている。

 赤い帽子をかぶり、首に「傷…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも