(書評)『巨人の箱庭 平壌ワンダーランド』 荒巻正行〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■劇場都市と市民の変化を追う

 今年、日本で公開された映画「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」を見て、拉致問題ミサイル発射とは別の角度から北朝鮮に関心を持った。2015年8月15日、祖国解放70周年の記念日に、海外からロック・バンドを招聘(しょうへい)したのだ。それも、ナチスを彷彿(ほうふ…

この記事は有料会員記事です。残り787文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら