[PR]

 父の部屋にはカレンダーが二つあった。

 一つはリビングの壁掛けカレンダー――月替わりの写真付きで、テーマは旅と鉄道だった。SLやブルートレイン、ローカル線の列車が四季折々の風景の中を走る写真は、どれもノスタルジックで、「昭和」や「国鉄」の郷愁がたちのぼってくる。

 四月のカレンダーは、ホームの桜が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも