[PR]

 沖縄のラップが、熱い。

 「信じてる言葉はリアルであって、良くも悪くもそうでしかなくて」

 「耐え難きを耐え続けた血族の末裔(まつえい) あの時もこの時も音楽は横に有る」

 米国の下層社会で生まれ、抵抗や告発の象徴ともなってきた音楽、ラップ。沖縄で歌われるのは貧困や家庭崩壊、基地問題……。若者たち…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも