[PR]

 (第3週・神宮)

 立大が早大に、明大が慶大にそれぞれ雪辱した。立大は延長十回、江藤(3年、東海大菅生)の本塁打でサヨナラ勝ち。明大は初めて4番を務めた平塚(4年、春日部共栄)が先制の2点適時打を含む3安打と活躍。慶大投手陣の制球の乱れにも乗じて得点を重ね、今季5試合目で初勝利となった。3季連続…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも