[PR]

 国連が定める「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」(26日)を前に、唯一の戦争被爆国として日本が果たす役割を考えるイベントが24日、東京都の明治大学であった。核兵器禁止条約が昨年7月に国連で採択されたが、日本や核兵器保有国などが賛同していない。被爆者や俳優の吉永小百合さんらが登壇し、「市民が声を出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも