[PR]

 満天の星に息をのんだ。

 鳥海山にかかった満月に見とれて気づくのが一瞬遅れたが、見渡せば無数の星が瞬いている。音は途絶え、宇宙にただ一人――象潟(きさかた)の夜は、そんな錯覚で陶然とさせた。

 山と、月と、星と。ここには海もある。人間はそれらのなかで生かされてきたのだと知るには、格好の場所かもしれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも