(ザ・コラム)テニス全米オープン 女王の心、決壊させたもの 稲垣康介

有料記事

[PR]

 セリーナ・ウィリアムズ(米)が主審に詰め寄り、声を荒らげている。それに加勢する耳をつんざくブーイング。欧州のサッカー取材で観客の罵声は慣れているが、テニスでここまで激しいのは初体験だった。

 大坂なおみが憧れのセリーナを破り、4大大会初優勝を飾ったテニスの全米オープン決勝を現場で見る幸運に恵まれた…

この記事は有料記事です。残り1600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。