(声)都営霊園ようやく当選、なのに

有料記事

[PR]

 主婦 小坂麻美(埼玉県 55)

 父は先月、母のもとに旅立った。

 もうすぐ十三回忌を迎える母の遺骨は、都内の実家の仏壇にしまわれたままだった。父は墓を探し、都営霊園に何度も応募していた。

 父の他界からしばらくして、都営霊園当選の連絡が届いた。「お母さん、お父さんからの最後のプレゼントだよ」。両…

この記事は有料記事です。残り306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。