[PR]

 自民党総裁選で連続3選を果たし、憲法改正の実現に強い意欲を示す安倍晋三首相に対し、連立を組む公明党がブレーキをかけている。総裁選で争った石破茂元幹事長や野党からも牽制(けんせい)球が飛ぶ。10月の党人事で首相が改憲に向けてどんな布陣を敷くかが焦点だ。

 ■学会内に拒否反応 公明

 総裁選の翌21…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも