[PR]

 どこがどう面白いと説明するのは難しいのに、妙におかしい。あちこちに生まれては消える笑いのさざ波が、いつしか客席全体をひたひたとのみ込んでいる。柳家小三治のそんな落語を楽しんだ(18日、東京・新宿の紀伊国屋ホール)。

 小三治は高座に上がるとあいさつもそこそこにお茶に手を伸ばして「ちょっと休憩を」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも