作品の自由な流通、進める改革を 福井健策弁護士、苦境の出版界に提案

有料会員記事

[PR]

 ■カジュアル読書

 海賊版サイトや読み放題サービスなどで揺れる、ネット時代の出版界はどうなるのか――。『18歳の著作権入門』などの著者で弁護士の福井健策さんが20日、朝日新聞東京本社読者ホールで講演し、出版文化を守るための著作権制度の改革案などを語った。

 ■ギガコンテンツ時代、著作権法は制度…

この記事は有料会員記事です。残り1397文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら