秋田の石炭火力、環境保全に懸念

有料会員記事

[PR]

 丸紅と関西電力の子会社が秋田市に計画中の石炭火力発電所の環境影響評価(アセスメント)手続きで、中川雅治環境相は28日、「二酸化炭素(CO2)の排出削減の道筋が描けない場合は、事業実施の再検討が必要」とする意見書を、世耕弘成経済産業相に提出した。

 計画は、石炭火力発電所2基(計130万キロワット)…

この記事は有料会員記事です。残り89文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら