[PR]

 2011年3月に発生した東日本大震災で、被災地に設置された仮設店舗の再建が進まない。最多時の事業者約2800のうち半数近くが仮設に残るが、国の撤去助成金は来年3月まで。自治体が設けた退去期限が迫っている。最も仮設店舗が多い岩手県陸前高田市が設けた期限は9月末で、店主らは新しい場所で再建に踏み切った…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも