[PR]

「そんなに緊張しなくてもいいじゃない」

 夏子は開口一番、あきれて笑った。電話に出た私の「もしもし」の声が、よほどこわばっていたのだろう。

「まだ、だいぶ先よ。夜中になったらアレだから、いまのうちにそろそろ病院に入っとこうか、っていう段階」

「じゃあ俺、車で送っていくよ。三十分でそっちに着くから」

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも