写真・図版

[PR]

 奈良時代の幕開けを告げる710年に創建された奈良市の法相宗大本山、興福寺。その中核である「中金堂」が10月、落慶を迎える。再建は江戸時代の1717年の火災で焼失以来301年ぶりとなり、平城宮跡の第1次大極殿に並ぶ巨大な木造建築だ。「最新・最後の大復元」ともいわれる、その全貌(ぜんぼう)を紹介する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも