[PR]

 スペイン北部サンセバスチャンで29日、第66回サンセバスチャン国際映画祭の授賞式が行われ、日本の奥山大史氏(22)の「僕はイエス様が嫌い」が最優秀新人監督賞を受賞した。

 奥山氏は東京出身。長編映画の監督は今回の受賞作品が初めて。作品は、キリスト教系の学校に通う少年が徐々に信仰心に目覚める姿を描い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも