[PR]

 LGBTをめぐる企画で批判を浴び、休刊に追い込まれた「新潮45」。過激な主張で部数増を狙ったが、保守を自認する人からも批判の声が上がった。論壇はどこに向かうのか。

 ■多様性尊重、保守の本来 稲田朋美さん(自民党衆院議員)

 新潮45の特集に寄稿した人の多くは今までお世話になったり、支援してくれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも