[PR]

 豪快な画風で桃山時代に活躍した永徳や徳川幕府の御用絵師・探幽(たんゆう)、そして近代日本画の開拓者である芳崖(ほうがい)まで。近世絵画の軸であり続けた狩野派の中にあって、現在では忘れられがちな絵師たちに注目する展覧会が二つ開かれている。

 まずは静岡市の静岡県立美術館の「幕末狩野派展」。大会場を埋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも