[PR]

 早稲田大学4年で慢性肺血栓塞栓(そくせん)症と診断されたサッカーJ2大宮アルディージャのDF畑尾大翔(ひろと)さん(28)は、翌2013年、治療法を求めて国立病院機構岡山医療センター(岡山市)を訪れた。

 センターでは、先端が風船状になった細い管「バルーンカテーテル」を肺動脈に通し、先端を膨らませ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも