[PR]

 分割民営化から30年余。地域間格差が拡大したJRのあり方に、様々な分析や処方箋(せん)が寄せられました。三毛猫のたま駅長で知られる和歌山電鉄貴志川線など地方公共交通の「再生請負人」、両備グループ(岡山市)代表兼CEOの小嶋光信さんに公共交通のあるべき姿について聞きました。

 ■鉄路の危機、JR再…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも