[PR]

 愛媛県大洲(おおず)市の如法寺(にょほうじ)が所蔵する毘沙門天立像(びしゃもんてんりゅうぞう)が、8世紀半ばごろの奈良時代につくられた「木心乾漆造(もくしんかんしつづくり)」とみられることがわかった。調査した奈良国立博物館(奈良市)が1日発表した。専門家によれば、木心乾漆の仏像が新たに判明するのは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも