[PR]

 2日発足した第4次安倍改造内閣では、麻生太郎財務相や世耕弘成経済産業相ら経済分野の主要閣僚が留任した。「アベノミクス」路線は続くが、柱となる日本銀行の大規模な金融緩和は「副作用」が目立つ。景気を支える外需も米国との通商交渉次第で暗転しかねない。政権の経済政策は重い課題を抱えている。

 ■金融緩和…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも