[PR]

 人類にとって幸運だったのは、その夏、生物学者フレミングが片付けもせずに実験室を離れたことだ。そのまま夏休みに入り、戻ってみると、ブドウ球菌の培養皿にアオカビが侵入していた。皮膚を化膿(かのう)させる菌をカビが殺していたのだ▼1928年、世界初の抗生物質ペニシリンにつながる発見は、そんな偶然に導かれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも