津波予想の根拠「違和感あった」 東電公判、保安院審査官

有料記事

[PR]

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第29回公判が3日、東京地裁であった。旧原子力安全・保安院安全審査官(事故当時)だった名倉繁樹氏が証人として出廷し、東電子会社が事故前に予想される津波の高さを計算する根拠としていた、国の地震予測「長期評価」につ…

この記事は有料記事です。残り182文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント