[PR]

 54歳でデビューした作家の葉室麟は、為政者に踏みにじられる弱者の視線による時代劇で人気を博した。彼の同名小説の映画化「散り椿(つばき)」は藩内の汚職を糾(ただ)したところ、逆に藩から出ざるを得なくなった男が数年後、故郷へ戻るところから始まる。

 原作では複雑な権力闘争に翻弄(ほんろう)される若い武…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも