[PR]

 言葉が色を導き、色が言葉を招く。今年亡くなった詩人・石牟礼道子と染織家・志村ふくみは、現代日本に危機感を抱き、新作能「沖宮(おきのみや)」に次代へのメッセージをこめた。『新作能「沖宮」イメージブック 魂の花 緋(ひ)の舟にのせて』(求龍堂・4104円)では感性のみずみずしい交流の軌跡が、文章と石内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも