[PR]

 僕は、天才的な人物を演じる機会が多いんですよ。例えば、金田一耕助。映画「クソ野郎と美しき世界」でも天才ピアニストでした。そういう役をもらえる理由はわからないけど、雰囲気も関係しているのかな。

 天才とは、生まれながらの才能があって、努力だけでは説明できないものでしょう。一番「天才」を感じるのは、音…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも