[PR]

 ほどなく戻ってきた道明和尚は、お盆に缶ビール一本とグラスを二つ載せていた。

「昼間ですけど、せっかくですから祝杯といきましょう」

 恐縮する私にかまわず缶のふたを開け、グラスに注(つ)ぎ分ける。

「長谷川さんは、お酒のほうはいかがなんですか?」

「まあ……人並みですね」

「お父さまは?」

「アパー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも