(大志 藤井聡太のいる時代)修業編:13 「序盤が上達しない」、AIに活路

有料記事

[PR]

 藤井聡太(そうた)七段(16)が棋士養成機関「奨励(しょうれい)会」にいた4年ほど前、師匠の杉本昌隆七段(49)の元に、聡太の母裕子(48)から1通のメールが送られてきた。「将棋の研究に、将棋ソフトを使うことをどう思うか」と尋ねる内容だった。

 人工知能(AI)を搭載したソフトは、この十数年で形勢…

この記事は有料記事です。残り666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント