[PR]

「まいっちゃったね、しかし……」

 声に出して、父の骨壺(こつつぼ)に語りかけた。「困ってるでしょ、そっちも」――ね、そうだよね、と苦笑いも浮かべて見せた。

 クサいことだというのは、もちろん承知の上だった。安手のテレビドラマでも、こんな場面はめったに見られないだろう。

 だからこそ逆に、困惑や気恥…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも