[PR]

 年末の防衛計画の大綱(防衛大綱)改定に向け、日本国際問題研究所(理事長・佐々江賢一郎前駐米大使)が10日に提言を発表した。中国の台頭や米国の自国第一主義をふまえ、今の防衛大綱とともに2013年に初めてできた国家安全保障戦略の見直しを要請。集団的自衛権行使の幅を広げることも求めた。「米国が国際秩序へ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも