ごみ深さ「3.8メートル」ない疑い 値引き根拠揺らぐ 森友国有地

有料会員記事

[PR]

 森友学園への国有地売却問題で、大幅な値引きの根拠となった地下のごみの深さについて、「3・8メートルまで」に存在する証拠とされた写真が、実際には「3メートルまで」を計測していた疑いがあることがわかった。複数の関係者が朝日新聞の取材に証言した。国はこの写真が、3メートルより深い場所にごみが存在する証拠…

この記事は有料会員記事です。残り718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。