[PR]

 肩関節は他の関節に比べて動かせる範囲が大きい。その分、腕の骨の先端にある球状の部分「上腕骨頭」と、肩関節側の受け皿部分の接触面積が小さい。衝撃で靱帯(じんたい)が伸びるなどして、この骨頭が受け皿から外れるのが脱臼だ。

 「反復性肩関節脱臼」は、けがが原因で脱臼した後に何度も繰り返すことだ。連載で紹…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも