[PR]

 翌日――五月六日の午後、私はまた和泉台を訪ねた。向かったのは、和泉台ハイツではなく、ハイツから徒歩十分ほどのところにある和泉台団地だった。

 父が借りていた松尾あつゆきの『原爆句抄』を、団地の中にある図書館に返さなければいけない。

 本の表紙の見返しに貼ってある貸出票によると、借りたのは四月十九日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも