[PR]

 歴史に語り継がれる斎藤隆夫の「反軍演説」。1940(昭和15)年2月2日、立憲民政党の衆院議員だった斎藤が、37年に始まった日中戦争をどう解決するかをめぐり、政府を1時間半にわたって厳しくただした質問のことだ。

 斎藤は法律家であり、軍部の政治介入に毅然(きぜん)とした態度を取る立憲政治家だった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも